『奥さんとぼく』のLINEスタンプ発売中です♪

美容院が苦手な理由

奥さん 髪型 美容室

昔から苦手なもののひとつ

こんにちは、ちゅびです

みなさんは美容院はお好きですか?

わたしはすごく苦手です

好きなひとなんているのかな?って思うくらい
できれば行きたくない場所のひとつです

でもなんでこんなに苦手なんだろう?

考えてみました

美容院が苦手な理由は

順を追って考えてみると

  1. 予約の電話が苦手
  2. 美容室に入った瞬間の雰囲気が苦手
  3. トークが苦手
  4. 美容院の鏡が苦手

ざっくり、こんな感じでしょうか

でも1の予約の電話については
今はもうネット予約というものがあるのでクリアです

美容院に入った瞬間の雰囲気とは

2の理由

わかる人にはわかる!
扉を開けて中に入ると(美容院にもよるけど)
2,3人のスタッフがこちらを向いて立っているあの感じ・・

『海月姫』で言うところの”おしゃれ人間”です

美容師さんというものはどうしたっておしゃれな生き物です
しかたない
でもそれが複数いる、という重圧!
しかもこちらに注目している!

こわい!

緊張して挙動不審になって
ここでくじけそうになるけど
なんとか耐えます

3の理由

この流れでは当然ながらトークも苦手なので
施術中は雑誌ばかりみてますよ・・

美容院の鏡はお世辞ってもんを知らない!

4の理由

あれなんなんですか?
真実を映せばいいってもんじゃないんですよ!?

若いころからいくつかの美容院に行きましたが
(1年に1回くらいしか行かなくとも)
どこも!
ほんとにどこの鏡も!
ほんとにあいつらなってない!!

美容院ってきれいになりにいく場所じゃないですか?
苦手でも勇気を振り絞って行くわけですよ・・

なのに

客おちこませてどうすんのって話ですよ!

ケープやらタオルやらいろいろ巻かれて
椅子に座ってる、正面のでっかい鏡の中の自分

すっごい不細工で・・

ケープの上にまるい顔が乗っかってる!

鏡の中の自分と目をあわせるのがいやで
目線をはずしてるんですけどそれもまた不自然で・・

(でも美容師さんにしたらべつに珍しくもないのかもだけど)

きれいにしてもらって
ケープやらなんやらを取っても不細工で

きれいになりに行ったはずが
毎回ダメージ受けて帰ってくるんです

鏡のせいで・・・!

家庭のふつうの鏡は気をつかってくれるのに
なんで美容院のはああも辛らつなんだろうか?

なぞです・・

奥さんとぼくのスタンプ LINEスタンプ むう

 

美容院の鏡について検索してみた

こうやって書き出してみるといちばん悪いのは

鏡だな・・

美容院の鏡、で検索してみたら
やっぱりおなじことを考えてるひとがいました

その方はいろんな側面から
『なぜ美容院の鏡は不細工にうつるのか』で検証していて
なるほど~~と感心していたのですが

ほかのひとの意見もあわせてみると

美容院の鏡にうつるのは客観的にみた自分の姿

という恐ろしい結果に行き着きそうだったので
あわててやめました

いや美容院の鏡は容赦ないって言ってる段階で
わかってるつもりだし
その前提で「きれいに映してよ!」
って言ってたわけですが

どこかで美容院の鏡がおかしいんだと思いたかった
自分もいて・・

自分で言うのはいいけど
ひとに言われるのは嫌、みたいなやつですね

なんか話がブレてきちゃったけどつまるところ

『美容院の鏡は全員スノウを見習え』ってことです
(目標は高く!!)

それでもわたしは美容院へ行く

落ち込むことがわかっていても
自宅の鏡になぐさめてもらって回復したら
やっぱり行ってよかったなーって思うし

生きている限り
通いつづけるんでしょうね・・

あ、BBが美容師になったら
自宅でなんとかしてもらえないかな!

・・・・

そういえばわたし、
BBが歯医者さんになったらいいのにとも思ってたんだった

自己中だな~!

きのう行ってきたよね美容院

つるんとしてる

ぼく

奥さん

うん、がんばって行ってきたわ!好きマルシェのために笑

ひらつー 好きマルシェ 奥さんとぼくのショップ お店 出店 雑貨 枚方 大阪府枚方市堤町10-24 鍵屋別館3階・4階