『奥さんとぼく』のLINEスタンプ発売中です♪

日テレ水10ドラマ『獣になれない私たち』【脚本・野木亜紀子】5話目をみた感想(ネタバレあり)

獣になれない私たち 野木亜紀子 新垣結衣 ドラマ 5話

前回と変わってシリアスな5話目・ネタバレありです

こんにちは、ちゅびです

5話目は晶が朱里に会いに行ったところから始まりました

朱里がお客さん用のカップを箱から出すのがリアルです…

ソファーに座る、きれいな晶の後姿をみながら
自分のぼろぼろのトレーナーの袖口を気にしてる

うっ、つらい…

晶のひざに乗ってるうさぎを奪うのも、こどもみたいな行動だけど、わかる…

わたしは自分がだめだめなので
朱里のこと嫌いになれない…のかなー
それとも単に黒木華ちゃんがすきだからかなあ笑

嫌~~なこと言っちゃうんだけど
それがつらい…

つらいのにつらいって言えない晶ももちろんかわいそうで…

恒星は呉羽の結婚相手の【橘カイジ】の名前を検索します
知るのがこわかったんだろうなと思うと、可愛いです…

あんなにドライな態度とってたのにね

そしていまのところ一番かっこいいのは【橘カイジ】じゃないかな?笑

こんなに恐ろしい【しあわせなら手をたたこう】は初めてきいた

京谷のこと、朱里のこと、会社のこと、
いろいろを飲み込んで闇の力(諦め?)で【スーパーデキる女】風になってしまった晶

表面上すずしい顔でがんばりすぎます
機械みたいです

こわいです…

奥さんとぼくのスタンプ

笑顔がこわいです!!
社長にも笑顔で対応、無茶な要望もぜんぶ受けてしまう

恒星にも「またキモいな」って言われてたし
うん…せっかく素が出せてきてたのにね…
いい感じだったのに~~

晶の鼻歌、しーあわっせならてをたったこ♪(パンパン…手拍子)
がほんとにこわくて笑

例によってツイッターで検索かけたら「ホラーかと思ったw」って言われてたけどほんとにね…

壊れるよ…

晶、壊れるよ~~あかんよ~~~
あきらぁ~~~

奥さんとぼくのスタンプ

さすがに夢子ちゃんが心配してるもんね

そんで佐久間さんまでなんかへん…?
唯一、会社で頼りになる佐久間さん~~

そんなときに京谷のお母さんと、お父さんの馴れ初めの回想

寝たきりのお父さんのことがいまでも大好きなお母さん
そのお父さんに京谷が似てるって話すのがせつない…

晶は自分はそうはなれない、と思ったのかな

そしてとうとう京谷が…

京谷、晶が朱里に会いにきてたんじゃないかって気づいてるよね?

そしていつもの様にオンラインゲームをしている朱里に京谷が
自分がここを出ていくからこの部屋(分譲)は朱里にあげるといいます

自分は出て行くと。

朱里もさすがになにも言えない

うん…
しかたないよね…

「朱里が死ぬのがこわかった」って
「でもそれは愛じゃなかった」って

そこまで言われたらね…

朱里どうするのかな…
ちゃんと自立できるといいね
わたしが言うのもなんだけど…

「終わっちゃった」ってつぶやく朱里

終わりのないオンラインゲームの終了と
自分が京谷にしがみついてた時間の終わりと

うんうんうん…

京谷はウイークリーマンションにでもいくと言ってたけど
とりあえず晶に会いたくて5タップに行くのよね

そんで5タップの前で恒星と会った晶

入るか帰るか店の前で迷ってる晶に
「ぐるぐるお散歩?」
って言うの可愛い

むこうから京谷がくるのがみえて
恒星にキスしちゃう晶

京谷に会ったら許しちゃうからって。

京谷はそれをみて黙って引きかえす

気の毒だけど、晶のほうがもっと気の毒だからね!!
(どこまでも京谷にきびしい視聴者のわたし)

奥さんとぼくのスタンプ

キスされた恒星が…
「深く考えないでね」って晶がいうのを
「いや、酔ってもないのにキスしたの何年ぶりだろ…」って

なんか可愛い~~~

そこに三郎さん騒がしく登場
その後に呉羽さんまで…

呉羽さんこわい顔してたけど、果たして…?

そして朱里がやってたオンラインゲームの画面

いったん終わったあと
『welcome to the new world』って文字が。

橘カイジのクレジットも…
気になるわ~橘カイジ!

5話目はこんな感じでしたー!

そうそう、わたしは三郎さんといっしょでビールがすきじゃない、というかまったく飲めないんですけど【アップルホップ】は気になるなあ~

『獣になれない私たち』はhuluで追っかけできます☆

カイジ!
キンキンに冷えてやがる!

ぼく

奥さん

そのカイジじゃないよ!
そんで早くアンナチュラルみてよ!
3話目がめっちゃおもしろいんだから!

日テレ水10ドラマ『獣になれない私たち』【脚本・野木亜紀子】6話目をみた感想(ネタバレあり)

5 Comments

現在コメントは受け付けておりません。