『奥さんとぼく』のLINEスタンプ発売中です♪

【NHK土曜ドラマ『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話/前編】をみた感想

フェイクニュース 前編 野木亜紀子 北川景子 

楽しみにしていた『ラストが衝撃的らしい』ドラマ・フェイクニュース前編

こんにちは、ちゅびです

『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話/前編』
(こんなサブタイトルついてたんだなあ)

先に言っちゃうけど、面白かったです!!

ほんのりネタバレもあるかもしれないのでまだ見てなくてネタバレしたくないという方はお気をつけください

『インスタントのうどんの中に青虫が入っていた』という内容のツイートから始まるお話

最初のシーンが木の上にいる青虫のアップだったんですが
『青虫が入っていた』ということのイメージ的な表現かと思っていたらちがって

その理由が前半の最後のほうでわかります

やられた~~
ああ~~いいわあ
これこれこれこれ!!

ってなりました

ほかにも関係ないと思われてたものが、うおお、そうだったのかーっていうね…
もう、ほんとにね…

まあね、関係ないものなんてないはずなんだけど
そう誘導されるというか、だまされてしまうんですよね~

リアルな表現に震えるツイッター民

ツイッターでの感想も「リアルでこわかった」という声が多かったですね

わたしもツイッター民ではありますが
基本的にRTはともだちのなにかの宣伝とか楽しいことしかしないし
よくわからないものを考えもせずに気軽にRTするって感覚はこわいなあと思います

ツイートもニュースも”書いてあることだけ”をみて即スパーンと叩きに入るのも恐ろしいですよね
いったん自分の中において吟味して時間をおいて他の情報もきいていろんな側面から考えてやっぱりどうしてもそうとしか思えない、
ってなってからじゃだめなのかなあ?

そういえば『アンナチュラル』の1話目にもSNSのこわい面が描かれてたなあと思い出しました

あと、わたしがリアルだなーと思ったのは

主人公の記者、東雲樹(しののめいつき・北川景子ちゃん)が
自分の書いた記事のタイトルを自分の信念とはちがう方向に勝手に変えられた状態でアップされてしまって
上司に「なんで変えたんですか!!」と怒りつつも
PV数が50万を超えてると聞いたとたん黙る、というシーン

黙る、といっても突然てのひらを返すという感じではなく
複雑な心境という表現で、なんかめっちゃわかる~と思いました

そして『差別』というむずかしい問題もからんでいます
すごいなあ野木先生…

誰が黒幕なの?というなぞもちゃんとある

パソコンの前にいてなにかを打ち込んでいる黒幕っぽい人間の口元がちらりとうつりましたが、誰なんでしょうか?
もう出ている人なのかこれからなのか…

出ているひとなら、あのひと怪しいけどなあ
でもこれミスリードかもしれないしなあ

とか軽く推理しつつ、後半の展開、
『衝撃的なラスト』を楽しみにしています

世の中にはびっくりさせるためならどんな無理のある展開でもいいという横暴なつくりのものがありますが

野木先生の脚本にはそれは絶対ないという信頼があるので安心して待てます

あと、テコンドーを習っていた樹(北川景子ちゃん)の回し蹴りがかっこいいので後半でももっとみたいなあーと思いました!

しかし杉本哲太さん、ほんまに悪い顔してはるわ~~~

ああ、後半が待ち遠しい…

おもしろそうじゃん

ぼく

奥さん

いいからパパは早くアンナチュラルをみなさい!